スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
カンフーシェフを観にいきました。
2009 / 06 / 21 ( Sun )

 【カンフーシェフ】を観て来た。
名古屋付近の迷友さん10人ほどで集まって。

まずカンフーシェフが上映される【シネマスコーレ】という映画館は名古屋駅から歩いて数分をいう
立地というのにも関わらず韓国香港などアジアンな食材店が軒を連ねているためかどこか
昔懐かしい雰囲気の街並みの中にある。
そして映画館自体もかなり独特な雰囲気。

sinesuko 

ノスタルジ~


上映する映画もアジア映画インディーズ映画など決してメジャーどころではないのがミソ。
マニア映画好きサンが通い込むようなカルトな匂いがする(こういう感じ結構キライでなない)


そんな雰囲気アリアリな映画館。
【カンフーシェフ】の広告の貼り方もなかなかシュールです。

見切れてる・・ 


・・・真ん中に別映画の広告が(泣)


入り口付近に舞台挨拶の写真が色々貼ってあった。(勿論有名ドコロは一切ない)
その中にどうみても素人SMショーみたいなのが紛れ込んでいたのがかなりウケた(どんな舞台挨拶・・・)

 

映画館の席数は50席ほど。
最後列から撮影。

視聴覚室 

まさかの視聴覚室風(゚∀゚ ;)


それでもヴァネ迷私たち10迷ほどとあきらかにキャゴちゃんファンと思われる風貌(!)な若者3名ほどで
席的には空き空きで上映開始時刻になる。

 


ココからネタバレあり。

観るの楽しみにしている方はスルーで。


 

もうね・・色んな意味で衝撃的で言葉にならないデス
笑いすぎて涙でマスカラやばかった。
ヴァネ迷全員でスクリーンにツッコミまくる異様な光景。


まず。
こんなに突っ込みがいのある映画はそうない。
まさに香港B級映画の王道をいく作品。
日本で言うと昭和ドラマなノリ。
キャストはカンフー無敵とほぼ同じなのがまた笑える。
ちょっとばかり要点を。(観た人にしかわからない話ですみません)

・サモハンの動きスゴスギール。「世界一動くデブ」今尚健在を知らしめるありえないアクションシーン。
(これだけでも観にいく価値があるかも)
・ヴァネの顔芸が料理の腕前以上に師範級。顔の筋肉の柔軟性に感動すらおぼえる。ジムでその部位も鍛えてる?(笑)
・キャゴちゃんアクション確かにガンバッタ・・でも顔芸はまだまだ(←そこかい)あとちょっとウザイ役どころ。終始怒りキャラ。
・ホアン(サモハン)を裏切る弟子(ティミーハン)がどうしても谷原章介に見えるの(私だけ?)
・裏切る弟子(ティミー)はかなり手汚くホアンを裏切ったくせに(料理に毒盛る勢い)いきなりいい人。冷蔵庫のカギはすんなり渡しすぎ。改心ぶりに違和感。(実は影の支配者?と裏の裏を読みたくなる)
・サモハンを憎む甥のジョーの悪役ぶりが濃すぎ古過ぎ臭すぎ(今時ハマキにガウンって・・・・逆に親近感)

・色とりどり鮮やかなの食材、料理などが大変キレイ。(中華食いたくなる)
でも鴨とか鶏とか手でぶちゃッってつぶしちゃうシーンはちょっとしたスプラッタ(゚д゚lll)
・セットぶち壊しアクションがド派手で爽快。(料理とか皿とか椅子とか制作費心配になるくらいぶッ壊しまくり)
・最後に伝説の料理人ホアンの兄が実はこっそりコンテストを見に来ていて見つかるシーンがありがちすぎ。
(おっさんカンフー無敵と全く同じ衣装やんか!!)
・「えーと・・コレは予告でしょうか・・」と言いたくなるストーリー展開の早さ。掻い摘みすぎー。
・え"ぇぇぇーー!!!まさかそのシーンで終わりかよ!!!!・・・・な後味悪すぎな終焉(映画代返せーと叫びたくなる終わり方←ヴァネ迷に限り)


・なんといっても謎の木彫り人形。全編通して一番の爆笑シーン。

人形・・ 

キーワードは【怖すぎな抱擁人形】

 

 


と、まー何といいますか日本的にいうと
展開の早さは【花王愛の劇場】並み。オーバー演技は【大映ドラマ】並み。
といった感じでしょうか。
アクションとシリアスストーリーとコメディと料理シーン(と少々のラブ♪)を織り交ぜるには90分は短すぎる。
でもコレって香港映画界でいうところの王道なんでしょうね。コテコテというヤツ。
こういうアクション交えてパタパタとテンポよく進むのが香港映画というものなのかも(よく知らんが)
この手のものにストーリー性求めるのは明らかに無意味と感じる。
なんせ話が訳わらかんのですよ(爆)
このB級のゆるさが好きな往年の香港映画ファンにはたまらんのかもしれません。

 

それでも。まー。ヴァネに関してだけいうと大満足でした。なんたって


かぁーいーのーw


顔の筋肉の柔らかさに驚愕。
勿論本来の筋肉のキレも上々。                                                       何故か上半身裸のサービスショットもアリ(明らかにヴァネ迷の来場狙う意図アリ)
カンフーが綺麗にきまっている。
タンクトップ率が高い(←)

というわけで。このように↑あきらかにヴァネ狂いかきゃごちゃんfanしか反応しないであろう
万人受けしないゆるさが大変よろしゅーございましたw

カンフーシェフゆるーく最高!!!!

 

スポンサーサイト
02 : 25 : 25 | F4 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<ぶひー→うほほ Only@C-POPworld | ホーム | CHC event in Singapore 追記:【This is my desire 】>>
コメント
--個人的には大絶賛B級ムービー。ヴァネ最高。--

力いっぱい失笑で大爆笑できるという不燃焼な満足感と
髭ヴァネの可愛さをイヤというほど思い知った有意義な時間でございました。
お世話になりました。
DVD出てもまず買わないけど もし道に落ちてたら人目があろうと迷わず拾うこと間違いなしの感動スペクタクル巨編。(全米もおスギもanriも泣いた...んでマスカラ落ちたww)
個人的な結論言うと いかがわしい系映画館でしか上映されないのも激しく納得みたいな秀逸ツッコませムービーww (とにかくヴァネが最高!髪のカラーリングは必須でお願い!)

とりあえず ヴァネス・・・ちゃんとした設定の映画に出て欲しい(泣笑)
by: KEIKO * 2009/06/21 06:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

あ…後ろ姿妄想ヴァネス写ってる(私の頭も)
無理矢理90分に編集しました的な
強引にも程があるストーリーだったね(笑)
いやぁ~ ヴァネかわいかった♪
顔芸見にもう1回行ってもいいくらいだわ。

※私は谷原章介じゃなくて 麒麟の田村にしか見えなかったw
by: momono * 2009/06/21 14:38 * URL [ 編集] | page top↑
--解説、お見事!--

これは、B級香港映画・・・それも、旧正月用の・・・の王道というより、明らかに、マニアのための映画ですよね?
ヴァネ迷じゃなければ、何コレ?って評価しかないのですが、視点を変えれば、サモ・ハン、ルイス・ファン(ジョー)、ブルース・リャン(お兄さん)、ラム・ジーチョン(ライバルシェフ)と、豪華香港映画☆のオンパレードで、おいしい映画とも言えるんですよ!

ま、ストーリーは、なかったことにして、単純に楽しもう~!ってことで・・・
by: 渡り鳥 * 2009/06/21 19:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

>KEIKOさん

ロビーのない映画館初めて行った(爆)
建物入り口からシアター入り口までの1mの間に不思議がたくさーん。
今度舞台挨拶のあるとき是非行きたい(SMショー希望)
映画は面白かったですねぇー
すごく煩い客でした。上映中に最高の盛り上がりを見せる私たち。
きっとホームシアター規模のスクリーンのアットホーム感と
ツッコんでくれといわんばかりのストーリー展開が
非常識な奇声を助長したんでしょう。(きゃごファン3人様には大迷惑)

ヴァネがカンフー映画に出続ける限りはその願い無謀でしょうな┐(´∇`)┌


>momonoちゃん

彼の後姿がどうしても先月までのヴァネに見えてしかたなかったよネ!!
今改めてヴァネが髪切って本当によかったと思う・・・
(このまま長髪続いたらロッチ中岡にまでマジ恋してしまいそう)
DVD買ってもよいわ発言には驚愕しましたけど
もう一度混沌とした話の流れを自分なりに整理したいという意味では欲しいかも。(あ"そこがウリ狙いか!!)
買わないけどな(-_☆)
私あの謎の抱擁人形が売ってたら買ってもいいわ(玄関に飾ろうかしら)


>渡り鳥さん

そうですねよ!!
キャスト的にはカンフー好きが泣いて喜ぶ超豪華俳優人たちですよね
私香港映画ってあんまり観ないんですけど
この手のものはああいう感じ(ダイジェスト版風ストーリー展開)が普通なんでしょうか。
観に行ってから時間が経つにつれてにじわじわと(いろんな意味で)良さが沁みて来ました(爆)

by: anri * 2009/06/21 23:58 * URL [ 編集] | page top↑
-----続く-----

前半だけで十分ウケますよ!!ある意味会場アクセス図より優しい紹介w
そうですかー手彫りが一番まさかの見所なんですね。コメも素敵ですww
揺ぎ無い香港B級爆笑映画として、意外と大ヒットでしょーか?
アクション系も確立しつつ、笑路線ぶれずに役どころ広げて活躍されること祈ります。
by: てお * 2009/06/23 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ておちゃん

この映画館は色んなイベントもしていて
【カルト映画買付け講座】とかいう為になるのかならないのかは別としてちょっと受けてみたいタイトルのものまであったり(爆)
ておちゃん結構好きじゃないです?私わりと好きだからさー(ムリヤリ同胞扱い)
あの訳分からなさを味わう為に何ども映画館に足を運びたくなるような壮大なB級爆笑映画です(ヴァネ迷ときゃごfanの頑張り次第では大ヒット間違いナシ☆)
by: anri * 2009/06/24 08:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sukinakotoippai.blog67.fc2.com/tb.php/613-a9f59880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。